2 空気環境にこだわる

清々しい空気感が春夏秋冬、ずっと続くところ

大自然の中でする深呼吸は気持ちが良い

住まいの中でする深呼吸も気持ちが良い

 

①自然素材と良質空気

 

 床材はもちろん構造体も100%、耐震部材など細部に至るまで合板を使用せずに無垢材にこだわっています。自然素材にこだわることでシックハウスの原因物質を抑え、良質な室内環境を実現しています。地下室から小屋裏まで無垢材で囲まれた住まいは、いつでもどこでも清々しい空気で包まれています。無垢材の木は呼吸をしていると言われ、木に囲まれたTOCORONの家は、木と一緒に深呼吸ができる住まいです。

②無垢材の仕上げ

 家の仕上げは、目に見えて手や足で直接さわる事ができ、ずっと空気に接している部材です。大きく3つに分かれ、①主要な床・壁・天井・階段等、②意匠的な建具・家具・カウンター等、③普段あまり意識しない窓台・巾木・棚板等の造作仕上げ、さらにはもっと細い仕上げ部材が沢山あります。TOCORONでは構造材だけではなく、無垢材の仕上げにこだわる事で、室内の空気感と香りを整える事ができます。

③接着剤を使わない壁と天井

 

 壁と天井には接着剤が必要な壁紙ではなく、ドライウォールと呼ばれる水性塗料の塗装仕上げを標準採用。それに加え、様々な塗り壁の仕様もご提案しており、ドライウォールと併用する事で、塗り壁を適材適所で効果的に活用します。寝室にはスイス漆喰で清浄効果を、和室には日本古来の本漆喰で風情を、物干しスペースには調湿効果のある珪藻土、などなど。様々な色・素材を使い分ける事で快適性もデザイン性も向上します。

④木が大好きだから

 

気密化された住宅で一番重要な事は、「気密層の中に何が入っているか?」と、TOCORONは考えます。接着系の材料を使わず、防湿気密層の室内側に無垢の構造体や、床などの自然素材をたくさん使用し、本当の木に囲まれた生活を実現する事ができます。木が大好きな人にとって、木を近くに感じる事ができるTOCORONの家は、大自然の中するような深呼吸が、お家で気軽にできる豊で健康的な住まいです。